1.地域に密着した医療2.在宅と地域病院・大病院を結ぶ掛け橋であることなどを診療理念として「かかりつけ医」で有りたいと思っています。

ごあいさつ

 

院長からのごあいさつ

医療法人社団 児玉医院
院長・理事長 児玉 岳(こだま たかし)です。
医院の役割は何だろうかと考えると、やはり「日常」であり、「普段」であると思うのです。「日常」を日常的に過ごすよう援助する、これが役割でしょう。
人員、機材、資金には限りがあり、大病院や専門施設のようなことは無論できません。深い専門的処置や検査もできるはずが無いのです。無理なものは無理なのです。といって、「できる範囲でしましょう」というお為ごかしなセリフも、場合によります。下手に専門外のことに手を出してややこしいことになるよりは、さっさと専門家に任すべきです。
スペシャリスト(深く狭く)であるべきか、ジェネラリスト(浅く広く)であるべきか、医療の道にも色々な方向性がありますが、僕はジェネラリストの道を選びました。
「架け橋」でありたい…とする所以です。

院長プロフィール

  • 院長・理事長 児玉 岳(こだま たかし)

    院長・理事長 児玉 岳(こだま たかし)

    昭和39年6月28日生
    辰年・かに座・血液型A型Rh(+)
    明るい内科医を目指しています。
    『人に優しく病気に厳しい』がモットーです。

    平成2年 兵庫医科大学 卒 第2内科
        <血液(現・内科(血液・腫瘍科)>出身
    平成16年 尼崎市医師会理事に市医師会・県医師会の広報を担当しています。
    平成21年 児玉医院 法人化

    所属学会
    日本内科学会  日本血液学会 日本輸血学会

back to top(このページの先頭に戻ります)