北海道
青 森
岩 手
宮 城
秋 田
山 形
福 島
茨 城
栃 木
群 馬
埼 玉
千 葉
東 京
神奈川
新 潟
富 山
石 川
福 井
山 梨
長 野
岐 阜
静 岡
愛 知
三 重
滋 賀
京 都
大 阪
兵 庫
奈 良
和歌山
鳥 取
島 根
岡 山
広 島
山 口
徳 島
香 川
愛 媛
高 知
福 岡
佐 賀
長 崎
熊 本
大 分
宮 崎
鹿児島
沖 縄
20
写真をクリックすると拡大表示します。 1〜20件

児玉駅(1)

埼玉県の児玉です。「玉」が重なります。実に男性的と言えましょう。
ここに玉蓮寺という日蓮宗の寺院がありましたが、住所が当時、「児玉郡児玉町大字児玉」で、実に児玉の中の児玉だ…と感じ入りました。

大宮市立博物館(1)

当時はまだ大宮市だったのです。

大宮市立博物館(2) 

今では、さいたま市になりました。

川越まつり

「小江戸」と呼ばれる川越市は、川越まつりでも有名です。山車(だし)が練り歩く様は勇壮です。藩主入封の折の歓迎の祭りが元になったとか。街のあちこちに山車を収めておく倉庫(蔵風)があります。
小江戸とは言いながら、やはり、山車も囃子も京都の「祇園祭」に似ていますね。

川越まつり会館

ここで、お囃子の実演がありました。人形遣いや獅子舞もあるようです。人形遣いはなかなか迫真の演技でした。

川越駅

古くは「河越」と書かれました。太田道灌が城を築いたそうで、後に道灌は江戸城を築きます。ということで、川越は江戸の発祥であるということも言えそうです。
江戸幕府下、川越は江戸の北の守りとされた城下町です。ただし、西国風の石垣の城郭ではなく、土塁の城でした。天守閣は建てられず、3層の富士見櫓がその代用をしていたと言われます。本丸御殿が残されていますが、僕が行った折には修復工事中でした。歴代藩主は譜代大物でしたが、ともあれ、江戸の北の守りになるほどの城郭であったかどうかは疑問に思います。
他に「小江戸」と呼ばれるような街は、彦根市、栃木市、佐原市、大多喜町などがあるようです。

蔵造り資料館

明治期、川越が大火に見舞われた折、蔵造りの建物が焼け残ったと言われます。よって、その後、蔵造りの建物が耐火のため建てられるようになりました。
そんな街並みの雰囲気も「小江戸」と呼ばれる所以なのでしょう。

時の鐘

川越市、蔵の町にあります。元は寛永年間に作られたものだそうですが、現今のものは明治期に作られたものです。1日4回、時を知らせます。「日本の音風景100選」にも選ばれています。
街並みに、ひときわ高くそそり立つ感じで、川越のシンボルともいうべき建物です。

川越城本丸御殿

川越城には天守閣は建てられず、広壮な本丸が残っています。僕が行った際には修復工事中で、中が見られませんでした。
1546年に、この河越城を巡って「河越夜戦」があったと言われていますが詳細は不明です。
ともあれ、関東七名城のひとつと呼ばれたそうです。富士見櫓跡はちょっとした丘になっており、上に登ることができます。城内には、「通りゃんせ」の起源になったのかもしれない三芳野神社があります。今では、小さな神社があるのみです。

太田道灌

かつて、太田道灌は、この川越(河越)に居住していました。市役所の傍らに太田道灌の像が立っています。
川越が武蔵国の一大拠点であったことがわかります。

喜多院多宝塔

川越城のすぐ近くにあります。天海が入寺した広大な寺院です。江戸城の殿舎を一部移築しています。家光誕生の間があります。

どろぼう橋(喜多院)

喜多院にある橋です。江戸時代、ここを渡って泥棒が寺域に逃げ込んだものの、その後改心したということです。

埼玉県立歴史と民俗の博物館(1)

大宮駅から歩いて15分ほど、大宮公園の傍らにある博物館です。なかなか見ごたえがあります。
もともと、東京湾は内陸に大きく食い込んでおり、また、関東平野を流れる河川も、もっと幅広く、かつ入り組んでいました。従って、関東平野の中央部・武蔵国では、丘陵地帯である今の埼玉県付近が中心だったのでした。

埼玉県立歴史と民俗の博物館(2)

武蔵国・一の宮の氷川神社でも獅子舞が奉納されたそうです。この博物館でも、獅子頭の展示などがあります。
氷川神社は有名だし、参拝客も多いと聞きましたが、その割には境内が狭いと感じました。

埼玉県立歴史と民俗の博物館(3)

江戸幕府9代将軍・家重の言葉を唯一理解できたのが大岡忠光でした。大岡忠相(越前)の縁戚にあたります。
その大岡忠光が小姓から若年寄、側用人と出世して大名となり、埼玉県の岩槻藩主となりました。大宮から遠くないところです。

埼玉県立歴史と民俗の博物館(4)

武蔵国(埼玉県)には児玉党という武士団が集住していました。源平合戦の折にも奮戦しています。
源氏勝利の後の論功行賞で児玉党の面々も全国に領地を与えられて武蔵を離れた者もいます。児玉朝行という武士は広島県(安芸)の竹仁郷に土地を
与えられて移住したそうです。毛利氏家臣の「児玉」氏は、これを祖とするのでしょうか。

埼玉県立歴史と民俗の博物館(5)

この博物館は、大宮公園の傍らにあります。大宮公園も散策するには気持ちよかったです。埼玉県最初の県営公園だそうで、サッカー場や競輪場があり
ます。僕が訪れた折には、サッカーの試合か何かがあったようです。

鉄道博物館来館記念

鉄っちゃん」にはたまらないところでしょう。機関車から新幹線まで、色んな車両が展示されていて、乗ったりもできます。シュミレータ系のイベントが人気のようです。日曜日の開館時には家族連れが長蛇の列を成してました。

児玉駅(2)

源平争乱の折、児玉党武士団の活躍が史書に記されています。恩賞に各地の土地を貰い、児玉党は児玉から全国に散りました。
中でも、広島県に領地を貰った児玉氏が有名でしょうか。
その後裔が児玉源太郎なのでしょう。
(F氏提供)

大宮駅 上越新幹線開業記

上越新幹線の開業の頃、大宮駅に行きました。その頃はまだ浦和市でした…。
スタンプの写りが悪いのが残念です。