北海道
青 森
岩 手
宮 城
秋 田
山 形
福 島
茨 城
栃 木
群 馬
埼 玉
千 葉
東 京
神奈川
新 潟
富 山
石 川
福 井
山 梨
長 野
岐 阜
静 岡
愛 知
三 重
滋 賀
京 都
大 阪
兵 庫
奈 良
和歌山
鳥 取
島 根
岡 山
広 島
山 口
徳 島
香 川
愛 媛
高 知
福 岡
佐 賀
長 崎
熊 本
大 分
宮 崎
鹿児島
沖 縄
22
写真をクリックすると拡大表示します。 1〜22件

静岡県掛川

掛川は東海道53次のちょうど真ん中。
かの山内一豊築城の掛川城が築かれました。模造天守閣が再建されています。

相良

相良は、田沼意次の城下町。資本主義を先取りしたと言ってもいい 田沼意次ですが、不当な評価を受けています。その評価も少しずつ変 わってきているようですが。田沼意次失脚後、東北へ移された田沼家 ですが、その後の相良は政情が収まらず、また再び田沼家が相良に 戻ってきています。

相良油田

相良には日本で太平洋側唯一の油田がありました。良質の石油が採れたそうですが、今では廃坑になっています。

牧之原市 相良史料館

5万石の城下町として、本来なら地域の中心となってもおかしくない相良ですが、田沼意次失脚後、城は完全に破壊されてしまいました。近年、相良は牧之原市に吸収されてしまいました。

駿府城(巽櫓)

大御所となった徳川家康の隠居城として拡充された巨城です。最後の城主は徳川16代の家達でした。

静岡駅

平成18年の調査では、静岡市内を流れる安倍川が日本一の水質を誇る河川であるという結果となったそうです?そう「あべかわ餅」の安倍川です。静岡市内で食べた「あべかわ餅」、美味しかったですよ。

浜松城

かつては徳川家康の居城でありました。江戸時代は譜代大名が封ぜられ、老中昇格への踏み台として「出世城」とも呼ばれたそうです。

浜松駅

凧あげ祭りにも様々な問題があるようです。

浜岡砂丘

遠州灘に臨む御前崎市にある結構広大な砂丘です。天竜川によって運ばれた砂が潮流に乗って運ばれてきたというこ とです。昔から砂害に悩まされてきた土地らしく、砂丘固定化や防砂事業が営々となされました。

三島駅

静岡県の三島には、在来線と新幹線の駅があります。三島大社が近くにあります。「三島暦師の館」なんてところがあるんですねえ。織 田信長の命取りになったのかもしれない「三島暦」ですか・・・。
三島は水の街といっていいほど、水が豊富です。ここの「飯嶋」という店で食べた蕎麦は絶品でした。

水と緑がほほえんでJR東海三島駅

意匠は三島大社でしょうか。源頼朝が源氏再興を祈願し、旗挙げをした三嶋大社です。

東海道新幹線乗車記念 三島駅

意匠は三島大社と富士山でしょう。伊豆国分寺も、三島駅の近くにあったようです。

伊豆三津シーパラダイス

1930年、日本で5番目だか、に開業した水族館だそうです。沼津市にあります。ラッコの飼育などで有名のようです。

中伊豆東海バス修善寺温泉駅

修善寺の歴史は弘法大師が修善寺という寺を開いた事に始まるといわれています。当時は桂谷と呼ばれていましたが、その後、寺名が地名になった ようです。源範頼・頼家が暗殺された場所でもあります。
温泉場として発展し、今では伊豆市に含まれることになりました。

桂川

修善寺の桂川河畔にある温泉旅館です。いいお湯でした。

韮山郷土資料館 (1)

現在では「伊豆の国市」にあり、「伊豆の国市韮山郷土資 料館」という名前になっています。江川邸に隣接して建てられています。山木遺跡の出土品などが展示されていますが、隣の江川邸に「食われて」いるような感じです・・・。

韮山郷土資料館 (2)

韮山といえば、伊豆国の中心。そして、歴史上のポイントポイントに登場する不思議な土地です。源頼朝の挙兵は古代を終わらせましたし、北条早雲(伊勢宗瑞)の伊豆侵入は戦国時代の幕開けとなりました。そして江川英龍は明治維新の黎明を幕開けしました。

熱海駅

JR東海とJR東日本の境界駅なんだそうです。有名な温泉地を控えて、観光客が多いということですが、近年では、リゾートマンシンが増えているそうです。
MOA美術館の規模と、その展示物には圧倒されました。

日本平駅

日本平まで来て、富士山が見えなかった僕は富士山に嫌われているのでしょうか・・・。

日本平ロープウエイ

日本平ロープウエイは、日本平と久能山東照宮を結んでいるロープウエイです。久能山東照宮は国宝に指定されています。

静岡駅 東海道新幹線乗車記念

意匠は、登呂遺跡、三葉葵の紋所、久能山東照宮、静岡城跡でしょうか。

静岡市立登呂博物館

登呂遺跡でのスタンプです。スタンプの写りが悪いのが残念でとす。日本の遺跡復元は、みな登呂遺跡に「右に倣え」になってしまっている面もあるそうです・・・。